「うなぎの寝床」は本当に使いにくい?住みにくい?

うなぎの寝床で快適に暮らす

「うなぎの寝床」とは特に京町屋などに多い、間口が狭く奥に長い住居のことを言いますが、実際には京都だけでなく都市部の下町の古い建物などにはこの形がよくみられます。この形の住居は一般的には不人気で、その一番の理由は、狭く奥に長いため廊下などのスペースが取りづらく、また古い建物の場合、部屋続きになっていることも多く、間取りが使い辛いといった声がよく聞かれます。一方で、間口の狭さによる閉塞感、日当たりや換気の悪さに悩んでいる方も多くいます。

しかし、こういった住居でもアイデアと工夫を凝らした全面リフォームによって快適に暮らせる空間に作り変えることができるのです。採光面を増やし、開放感を出し、廊下のスペースや各部屋の形を工夫することによって使い勝手のよい間取りに作り変えることができます。また、水周りの位置を一箇所にコンパクトにまとめることによって動作性をよくしたり、床下収納や階段下収納などの工夫をこらすことによって省スペースで効率的に空間を使うことができます。その他にも、一人暮らしや夫婦二人暮らしならば、廊下のスペースを取るのが難しい場合でも思い切ってワンルームにすることによっておしゃれで開放感のある部屋に作り変えることも可能です。

うなぎの寝床で快適に暮らす

全面リフォームの前の知識・工夫

全面リフォームの前に、知っておくべき点・工夫する点

いざ、全面リフォームへ

リフォームの第一歩。まずは、リフォーム業者選び

うなぎの寝床で快適に暮らす全面リフォームの前の知識・工夫いざ、全面リフォームへサイトマップ